←BACK ■ NEXT→

調体法00 冬場の調体


冬場はからだが固まりやすい。フロアも冷たい。
冬場向けの調体で、からだを常にいい状態に保つように心がけてください。

1.仙腸(仙骨-腸骨)関節を軋ませる

寝ている間に、仙腸関節は固まってしまう。
毎朝必ず仙腸関節をほぐすことからはじめるのがいい。
臥位、座位、立位のいずれでもよい、寒ければ寝床の中でやって
もいい。とにかく仙腸関節を極限までずらし軋ませる。
片方の骨盤を前後、左右、上下の三次元方向に極限まで動かし、
しばらくそのままでいる。そしてストンと元に戻す。
これを十分にやった日は、からだが別人のようにゆらぐ。
ゆらぐことが楽しくなる。

2.仙腸リゾーミング

仙腸関節からさまざまなクオリアの動きが始まる。
思いつく限りの多様な質で、方角で、仙腸から動き出し、
その動きを他の部位に伝えていく。
さまざまな速度で、さまざまな動きで。

3.ボトム・リゾーミング、チェスト・リゾーミング、トップ・ リゾーミング

足裏から、胸鎖関節から、頭から、さまざまな質の動きが始まり、
さまざまな仕方で他の部位に伝わっていく。

4.ランダム・リゾーミング

からだのあらゆる部位からリゾーミングがはじまる。
その後どうなりたいのか、からだに行き先を任す。

5.エイト・チャンネル・リゾーミング

からだから勝手になにか面白いことが始まっていかない日は
八つのチャンネルを次々と開いていくといい。
体感、動き、映像、音像、情動、関係、世界=自己チャンネルが開く。
途中で、目の踊り、声の踊り、息の踊り、
顔の踊りなどが出てくればそれを楽しむ。

6.ゆらぎから踊りへ

情動、関係、世界チャンネルなどの
複合チャンネルが開く頃には、
いつのまにかゆらぎから踊りへひとりでに転化している。
ゆらぎとはなにか、踊りとはなにかを問いながら、この転換を楽しむ。
人はなぜ踊るのか? 
命になぜ踊りが必要なのか?
この問いは、噛めば噛むほどおいしくなるスルメのような問いだ。
転換が起こらない日はいつまでもゆらぎを楽しめばいい。



Google
WWW を検索
subbody.com を検索

調べたいキーワードを、上の検索欄に入力して、[Google検索]をクリックしてください。
お望みのキーワードのあるページが見つかります。

★関連技法

| コメントを書く |メールを送る |サブボディ舞踏スクールホームページ |